Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ライフワークバランスを考える。遊びも仕事も全力で。

【健康】タンパクの役割とは?不足するとどうなるの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
気付けばアラサー。。。 何か新しいことを始めたいと思った平成最後の夏。自分のブログを持って何かしらの情報発信をしたいと思う今日この頃。 自分の想いを発信しつつ,世の中の人々がどんなことに興味を持って,どんな記事を書くのか学べたらぁという漠然とした想いを持っております。 以下,キーワードたち。 アラサー。男。サラリーマン(理系)。サッカー,フットサル,釣りが趣味。読書,散歩好き。細かい作業が苦手。カレー,お酒が好き。梅干し,お酒が苦手。座右の銘は思い立ったら即行動。
  • どーも,こんにちは。

本日はタンパク質の必要性について考えてみたいと思います。筋トレやダイエットをしている人にはなじみ深いタンパク質かもしれませんが,そうでない人にとっても欠かすことのできない栄養素です。それではどうぞ。

 

タンパク質とは?

タンパク質は3大栄養素の1つです。3大栄養素はタンパク質の他に,脂質炭水化物があり,これらが私たちの体を構成するためには不可欠な栄養素であると同時にエネルギー源ともなります。

 

タンパク質自体は自然界に約10万種類以上存在していると言われていますが,それらは20種類のアミノ酸の組み合わせから成っています。

そしてこの20種類のアミノ酸のうち,体内で合成できない9種類は必須アミノ酸,残りの体内で合成できる11種類は非必須アミノ酸とそれぞれ呼ばれています。必須アミノ酸は体内で合成することができないため,日頃の食事でしっかりバランスよく摂取することが求められます。

 

体内でのタンパク質の役割とは

 

タンパク質は筋肉,皮膚,内臓,髪の毛,血液など体のあらゆる部分を構成するための材料となります。またそれだけではなく,体の機能を調整するためのホルモン,代謝に関わる抗体,免疫機能に関わる抗体の材料でもあります。

 

タンパク質が不足するとどうなるの?いっぱい摂取すればいいの?

 

タンパク質が不足するということは,体を構成するための材料が不足している状態です。そのため,抜け毛や肌荒れ,貧血という症状が起こります。

またダイエットをするために食事量を減らしタンパク質不足となってしまうと,筋肉量が減り一見ダイエットが成功したように錯覚します。しかし長い目で見た時に,筋肉量が減るということは体の代謝が低下し太りやすい体となってしまいます。ダイエットをしている人こそタンパク質を気にかけて摂取する必要があります。

さらにタンパク質はホルモンや抗体の材料でもあるため,不足することで体の不調や病気にかかりやすくなってしまう恐れがあります。

 

それでは一日にたくさん摂取すればいいのか?と言うとそうではありません。タンパク質は残念ながら体にストックしておくことができません。つまりどれだけたくさん摂取しても必要以上の分は体外に排出されてしまうので無駄になってしまうのです。

無駄になるだけならまだしも,必要以上に摂取し過ぎてしまうと体外に排出する際に腎臓に大きな負担をかけてしまい,腎臓の機能低下を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

タンパク質は毎日適量を摂取するように気を付けましょう。

一日の摂取量の目安としては,体重1 kg当たり約1 gのタンパク質です。

ただし運動・トレーニングをしている方はもう少し多く1.2 ~ 2 gと言われています。ご自身のライフスタイルを考えて適量を摂取するようにしましょう。

 

タンパク質を効率よく摂取するためには?

 

さてみなさんはアミノ酸スコアをご存知でしょうか?

アミノ酸スコアとは食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための指標です。スコアが100点であるということは全ての必須アミノ酸が,タンパク質を構成する窒素1 gあたりに占める各必須アミノ酸の基準値を超えている状態を示します。

つまりアミノ酸スコアが高いものを選んで食べることで,効率よく必須アミノ酸を摂取できます。

 

一般的に動物性タンパク質の方が植物性タンパク質よりもアミノ酸スコアが高い傾向にあります。

動物性タンパク質:肉,魚,卵などの動物由来のもの。

植物性タンパク質:大豆,穀物,野菜などの植物由来のもの。

 

注意事項

アミノ酸スコアはあくまでも必須アミノ酸のバランスを評価しているものであり,その総量までは考慮していません。そのため,いくらアミノ酸スコアの優れた食品を食べていたとしても食べる量が少なければ1日に必要なタンパク質量を下回ってしまいます。

1日に必要なタンパク質量を考慮した食事を心がけましょう。

また食事だけではタンパク質を必要量摂取できないという方はプロテインを補助的に取り入れることを考えてみましょう。筋トレしてる人だけがプロテインを飲むわけではありません。



 

 

まとめ

 

・タンパク質は体のあらゆる部分を構成するのみではなく,ホルモン,酵素,抗体の材料ともなる重要な栄養素である。

・特に必須アミノ酸は体内で合成することができないため,毎日の食事で適量を効率的に摂取する必要がある。

・アミノ酸スコアを考慮して食事内容を考えることで効率的に必須アミノ酸を摂取することができる。

 

これまであまり意識されてこなかった方も今日からタンパク質を積極的に摂取することで健康的に過ごしていきましょう。



この記事を書いている人 - WRITER -
気付けばアラサー。。。 何か新しいことを始めたいと思った平成最後の夏。自分のブログを持って何かしらの情報発信をしたいと思う今日この頃。 自分の想いを発信しつつ,世の中の人々がどんなことに興味を持って,どんな記事を書くのか学べたらぁという漠然とした想いを持っております。 以下,キーワードたち。 アラサー。男。サラリーマン(理系)。サッカー,フットサル,釣りが趣味。読書,散歩好き。細かい作業が苦手。カレー,お酒が好き。梅干し,お酒が苦手。座右の銘は思い立ったら即行動。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なすブロ , 2019 All Rights Reserved.